calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.07.16 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ジロ負傷

先日、我が家のデグーのジロが怪我をしました。

 

ケージから、ガシャン!と音がして、パッと見るとジロがケージの中で宙を舞っていましたびっくり

回し車で走っているときに、スピードが出過ぎるせいか、降りるタイミングを誤まるのか、

車から放り出されることがたまーにあるのです。

「おーい、だいじょうぶかー?」と見に行くと、びっくりしたようで固まっていましたが、

またすぐに回し車に乗ったので、問題ないのかと思ったのですが、

そのあと様子を見に行った夫が「ジロ、怪我してるぞ」と・・・冷や汗

見ると、右の後ろ足から出血しています。

怪我をよく見たいのですが、ジロはおとなしく怪我を見せてくれる子ではありません。

撫でたりマッサージしたりで触ることは大丈夫ですが、

基本怖がりなので捕まえられると必死で逃げようとします。

怪我をしているのに暴れてはいけないので、ケージの外から観察すると、

足の裏から出血しているようですが足先の表のほうの毛も赤く染まってしまっています。

それなのに回し車にまた乗ったりしています。やめとけってアセアセ

でもやはり違和感を感じるのでしょう、怪我した足を、舐めたり、床にとんとんと打ちつけたりしています。

吹っ飛んだ弾みで肉球を傷つけたのか、爪を引っ掛けたのか・・・

 

私が観察している間、夫がネットでデグーの怪我について調べてから

動物病院に電話をしてくれました。

電話口に出てくださった方のアドバイスを参考に、

翌日の様子次第で病院に行くかどうか決めることにして、

とりあえず様子を見ることにしました。

 

しばらくすると、出血は止まったものの、ジロ自身も足がおかしいと認識したようで、

大好きな回し車に乗らなくなり、怪我した足を内側に丸めて庇いながら動くようになり、

いつものお気に入りの寝る場所で、ちんまりとおとなしくしている姿は痛々しくてしょんぼり泣き

 

でも、回復が早かったようで、

今回は病院に行かずにいつも通りのジロに戻ることができましたニコッハート

 

普段の生活の中でも、こうした事故はあるものです。

ジロは今まで病院にいったことがないのでかかりつけの病院はないのですが、

今回電話をかけた病院は休診日だったにもかかわらず、丁寧にアドバイスをして下さり、

大変ありがたかったです。

もしまたなにかあったときは、やはりここの病院のお世話になろうと思います。

かかりつけの病院を決めておくといざというときに安心ですねハート

 

ジロ、回し車はいいけど、気をつけて遊んでねーウィンク

 

回し車とジロ


スポンサーサイト

  • 2018.07.16 Monday
  • -
  • 12:21
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする