calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.07.16 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ペットと防災〜マイクロチップのこと

先日の大雨の際、もしも浸水したら、ジロを連れてどう避難しようか考えました。

以前猫がいたころは、人の避難グッズ一式と一緒に猫たちの避難用キャリーケースやグッズの類も用意していたのですが、ジロの対策はまだできていませんでした。

 

大雨、洪水、土砂災害、地震。

災害時の避難は人にとっても大変なこと、さらに動物を連れて避難するということは難しいことです。

いざというときのために、シミュレーションして必要なものを用意したり調べておくと良いと思います。

 

ペットの災害対策、防災について、全国でいろいろなところから参考になる資料が配布されたり、イベントが開かれていたりします。

環境省自然環境局 総務課 動物愛護管理室 「ペットの災害対策」

 

京都市でも避難施設運営者や飼い主様、それぞれの対象に合った資料をネットでも配信しています。

京都市情報館 「地域で取り組むペットの防災について<ペットの避難どうしよう?」

こちらで、災害時のペットのための備えなどが具体的に紹介されていますので、参考になさってみて下さい。

 

 

また、京都市ではマイクロチップの装着を助成する制度があります。

 

動物の安全で確実な個体識別(身元証明)の方法として、ヨーロッパやアメリカをはじめ、世界中で広く使われています。

日本でも、近年多く発生している災害発生時に備えるため、犬や猫などのペットを中心として利用者が急増しています。

 

マイクロチップとは、直径約1.5〜2mm、長さ約8〜13mmの円筒形の電子標識器具です。

それぞれのチップには世界で唯一の15桁の数字(番号)が記録されており、この番号を専用のリーダー(読取器)で読み取ることで、動物ID情報データベースの登録情報と照合することができます。
※リーダーは、全国の動物保護管理センターや保健所、動物病院などに配備されています。

 

装着の方法は、通常の注射針より少し太い専用インジェクター(チップ注入器)を使って体内に注入します。

正常な状態であれば、体内で移動することはほとんどありません。

痛みは普通の注射と同じくらいといわれており、鎮静剤や麻酔薬などは通常は必要ありません。

埋込場所は、動物の種類によって異なりますが、犬やねこの場合では、背部頸部(首の後ろ)の皮下が一般的です。

犬は生後2週齢、ねこは生後4週齢頃から埋込みができるといわれています。

マイクロチップの埋込みは、獣医療行為にあたるため、必ず獣医師が行います。

マイクロチップの番号と飼い主の名前、住所、連絡先などのデータを、装着した獣医師が「動物ID普及推進会議(AIPO)」のデータベースに登録等の手続きを行います。

これによって、犬猫の盗難や迷子の防止、被災時などに保護された犬猫の飼い主への返還に役立つわけです。

 

京都市では、このマイクロチップの装着を助成しているので、指定動物病院で情報登録料1000円のみで装着することができます(年間先着1000頭まで)。

 

京都市情報館 「マイクロチップを御存知ですか?」

京都市情報館 「マイクロチップ助成があります!」

京都府獣医師会 「ペットを飼う方へ」

詳しくは、お近くの指定動物病院にご相談ください。

マイクロチップ助成制度

京都府獣医師会での統計では、平成29年度末実績は、6,009頭だそうです。

首輪に連絡先を書いた迷子札や鑑札をつけていれば、より迅速に飼い主様がわかりますが、マイクロチップなら落としたり外れたりすることもないので、どちらも着けておくのが一番良いかと思います。

 

災害では想定外の状況に陥ることも多々あると思います。

なので、思いつく準備だけでも、しておくと良いと思います。

もしものときに、あの時準備しておいて良かったと思うときがあるかもしれません。

 

被災された方々が一日も早く通常の生活に戻れますように・・・

隠れる猫


ジロが「いてっ」って言った

お風呂場か洗面所のようなところの小さな窓の網戸に

うちのデグーのジロがいた。

ケージから脱走した?

外に出たら大変と、両手のひらにすくい上げるように乗せようとしたのだけど、

網戸を登って逃げようとしたジロ。

爪が網戸に引っかかってしまったらしく

「いてっ」と声を上げ、手先を丸めて気にしている。

怪我はしていなさそうだったので、すぐに手のひらに乗せたままケージに運んで・・・

 

という夢を見た。

 

今回の大雨、我が家のあたりでは幸い被害はなかったけれど、

近隣で避難指示も出ていたので、夜の間に万が一浸水したら、1階にいるジロが溺れることになるので

ケージを2階に移動したりした。

でも慣れない2階にいたせいか、ジロの元気がなくなったのでやっぱり階下に下ろしたり。

そんなこんなでジロのことが頭にあったせいで見たおかしな夢だったと思う。

 

ジロが日本語で「いてっ」と声を上げたことを思い出すと、とても可笑しくて笑える。

でも改めて考えると、ジロは普段からよくいろんな声で鳴いているけれど、

それもすべてジロなりのメッセージで、何か言いたいことがあるから鳴いているわけで。

 

ぴーっ!

く〜く〜

ギギギギ

ぷ〜

ぴよぴよぴよ

きっ! きっ!

 

大体の意味合いはわかる。

けれど、人の言葉で話せるならばもっと言いたいことがたくさんあるだろう。

 

-------------------------------------------------------------------------

 

トイプードルの男の子。

トリミングのあと、なんかいつも変なんですという飼い主様。

いつもより唸ったり、気が立っている様子。

 

もともと怖がりな子なので、慣れていない人に身体をいじりまわされて

疲れてイライラしてしまうのではないかと。

 

--------------------------------------------------------------------------

 

動物も人の言葉を話せたら良いのですが。

 

動物は人の言葉は話せません。

人の言葉を理解することも、賢い子はいくつかの単語を理解することはあっても

会話はできません。

たとえばなにか問題になる行動をする子にも、

もし話ができたなら、その理由を聞くことができて

その思いに沿った対処もできるのにと思うと、

話が出来ないことが歯痒く思うことも多々あります。

でも、できないものはできないので。

できないなりに、動物の気持ちを考えることが大事かなと思います。

 

なにかしてほしいこと、あるいはしないでほしいことなども、

いくら言葉でいっても言葉が通じない以上、わからないものはわからないので、

そこは動物の本能や習性を利用したり習慣付けすることで

地道に時間をかけて、できるように、しないように、持っていってあげることが

お互いにとって、よい関係性を作るためにもよい方法なのではないかと思います。

 

いっていることを理解しないからといって、

また理解できない行動をするからといって、

おバカな子だと思わないであげて下さいね〜

わかんないんだよーっていってますよ、きっと・・・

ジロ昼寝


猫が食べる草・・・レモングラス一押しです。

猫と猫草

猫が植物を食べることがあり、観葉植物などを置くときは注意する必要があることは以前お話ししました

猫は草を食べなくても問題ないのですが、猫草が売っているくらいですので、草の好きな猫さんは多くいます。

市販の猫草(燕麦)以外でも、エノコログサなどの雑草の若葉など、先の尖ったイネ科の植物の若いやわらかい葉が好きな子が多いようです。

 

うちにいた猫のジルさんは草好きの子で、花瓶に活けた花や鉢植えの植物、果ては箒の穂先まで齧ってしまっていました。

それだけ草好きなのに、市販の猫草は全然食べないのです。仕方ないので、外で好きそうな雑草を見つけて取ってきてあげていました。

あるとき、タイ人の料理上手な友人が畑で育てていた大きな株に育ったレモングラスを株分けしてくれました。

ハーブティーや料理に使えるし、お風呂に入れてハーブバスにもできるよ♪と。

で、とりあえず、鉢植えにして室内に置いたところ、これをジルさんが好んで食べるようになりました。

調べてみると、レモングラス好きな猫さんは多いのですね。

猫さんは基本的に柑橘系のにおいは苦手なものなので、レモンの香りのする草が好きなのは意外なのですが。

他、キャットニップやキャットミントなども猫さんに人気のある草のようです。

レモングラス

レモングラス

 

キャットニップ

キャットニップ

 

キャットミント

キャットミント

 

 

尚、猫が食べる雑草もいろいろありますが、猫が食べると害のある植物もかなり多くあるので、食べさせる場合は確認したほうが安全だと思います。

 

レモングラスは株がしっかりしていれば、冬には枯れますが、春になって気温が上がってくるとまた新しい葉がどんどん上がってきます(本当は寒さに強くないので、冬場は霜が当たらないように藁などかけておくと良いようです)。

私はかなり雑なところに雑に地植えしましたが毎年枯れることなくレモングラスを収穫できました。

虫もつかないし、病気にもならないので楽ですし。

レモングラスのハーブティーもすっきりして美味しいです♪おすすめです♪

ハーブティー


犬のお散歩 首輪とリードのこと

わんこのお散歩の時にはリードをつけます。

 

リードは犬自身の安全と他人に対しての安全のためにつけるものですが、

リードにも種類があり、

犬との関係性や目的によって、選ぶ種類が異なってきますので、

それぞれに合ったものを選ぶと良いと思います。

 

まずは、リード(引き綱)をつける犬具として

・チョーク

・首輪(カラー)

・ハーネス(胴輪)

があります。

 

チョークとは主にしつけのトレーニングのために利用されるもので

引くと締まる構造になっていて、チェーンでできた物がしつけ用として多く見られます。

強い引っ張りや 問題行動を起こした際に、弾くようにリードを引くことで

犬に飼い主の指示(してはいけないこと)を伝えます。

ただ、犬の首に負荷をかけることで指示を伝えるため、

扱い方や装着方法を間違えると危険でもあるので

正しい使い方を理解した上で使用する必要があります。

チョーク

 

 

ハーネスは元々犬ぞりを曳く犬のために作られた犬具ですので

犬の身体に負担がかかりにくく、引っ張りやすいことが特徴です。

ハーネス

 

 

首輪は一番手軽で一般的です。

チョークほどではありませんが、引くことで指示を伝えやすいので、

ハーネスよりはトレーニングに向いています。

首輪

 

選び方としては、小型犬には身体に負担のかかりにくいハーネスを、

引っ張る力の強い中型、大型犬や、トレーニングが必要な子には首輪を選ぶとよいかと思います。

どちらも犬に合ったサイズを選ぶことが大事です。

きつくなく、抜けないくらいのフィット感、

首輪なら指2本分くらいの余裕があるくらいを目安にするとよいかと思います。

 

 

 

シーザー・ミランのイリュージョン・カラーという首輪があるのですが

これは中型犬以上で引っ張り癖の強い子につけると、指示がしやすくなるそうで

犬ころがしの夫のお薦めです。

↓こちらはイリュージョンカラーのリニューアル版のパックリーダー・カラーです。

パックリーダーカラー

 

 

 

 

首輪やハーネスを選んだら、次はリードです。

 

リードも形状や材質などいろいろな種類があります。

持ち手の部分が輪になっていて犬につける側に首輪やハーネスに取り付ける金具のついた、長さが約120〜150cmくらいのものが一般的で、使いやすいと思います。

ナイロン素材のものは丈夫で、軽いので、扱いやすいと思います。

リード

 

 

リードを長く伸ばすことができるフレキシブルリード(伸縮リード)というものもあります。

これは、持ち手にワイヤーローブ状の紐を巻き取るリールが仕込まれていて、ロックを解除すると長さいっぱいまで伸ばすことができ、わんちゃんとの距離が近くなると自動で巻き上げて、ロックをかければ短い状態でも使用できるものです。紐が長くなると、飼い主との距離も離れ、わんちゃんが自由に動ける範囲が広くなるため、周囲に危険がないことを確認して扱う必要があります。また、ワイヤーロープは細いので摩擦で手を怪我しないよう気をつけましょう。

フレキシブルリード

 

 

 

マルチファンクションリードは、リードについている金具の位置を掛け替えたりすることで形状を変えることができるため、飼い主の身体にたすきがけにしたり、一時繋留をしたり、トレーニング用のショートリードにしたりといった用途に使用できるものです。

マルチリード

 

 

 

他、投げたボールを取ってきたり、呼んだら帰ってくるなどのトレーニングの際に使うロングリードなどもあります。

ロングリード

 

それぞれ用途が違うので、用途に適した、サイズや素材の合うものを選ぶと良いと思います。

 

適した道具を使うことで、安全で快適な楽しいお散歩ができますように♪


ペットとの暮らしと掃除

動物と暮らしていると、

人間だけで暮らしているときには出ないゴミが出たり、

特に換毛期などは抜け毛でお部屋がすごいことになったりします。

 

掃除道具は皆さんいろいろと考えていらっしゃって

勉強になることもたくさんあります。

 

ゴミの処分は各自治体によって違いますし、

トイレシートや猫砂などは製品ごとに処理の方法が違うので

確認して捨てます。

気温が上がるこれからの時期、おしっこやうんちは臭いが気になります。

臭いの強い子のうんちなどはゴミの収集日まで保管しておくにも

工夫をしないとかなり臭い漏れがしたりします。

そういうときは、臭いを防ぐビニール袋を使うとかなり臭いを封じ込めることができます。

臭わない袋1

臭わない袋2

ちなみに、犬猫のうんちをトイレに流すケースもよくあるのですが、

犬猫のうんちは詰まりやすいので、一度に大量に流したり、

水勢の弱いトイレなどでは流さないでゴミで捨てるなど、気をつけてください。

実際に詰まって大変なことになることもあります。

 

 

さて、猫トイレの砂の飛び散りは、私はたいてい小箒で集めます。

100均にあるプラスチック製のちりとりがセットになっているものは

洗えるし置き場所も取らないので使いやすいです。

100均小箒セット

コードレスタイプの掃除機で吸い取る方も結構いらっしゃいます。

この場合、ある程度吸引力が強くないと砂を吸い上げてくれないのですが、

ダイソンの掃除機は置き場所も取らず、吸引力も強いので、

使われているお宅が多いように思います。

ダイソン掃除機

個人的にはマキタのコードレス掃除機が好きなのですが、

マキタ掃除機

こちらはダイソンよりは吸引力が劣るので、

重さのある砂だと吸い上げられなかったりしますね。

なので、仕上げは結局、小箒かなたらーっ

 

 

掃除機は楽で手軽でよいのですが、

風で毛埃が舞い上がってしまうのが難点です。

毛埃が多いときの床の掃除はフローリングワイパーがお奨めです。

フローリングワイパー

ワイパーを床にスーッと滑らすだけで

楽にすっきり毛が取れますよウィンク手

ウエットシートよりもドライシートの方が毛はよく取れます。

音を怖がるペットさんを驚かすこともありません。

100均にもありますしね〜財布

フローリングワイパーで絡み取れなかった小さなゴミは、

最後に小箒で集めるか、ハンディ掃除機で吸い上げれば完了です。

 

 

粘着式クリーナー(コロコロ)も便利ですね。

コロコロクリーナー

これも100均のものでも十分使えますね手

ペットベッドやキャットタワーなども、

小さめのコロコロなら掃除しやすいです。

小鳥の羽毛なども舞い上がりやすいのですが、これなら大丈夫。

カーペットももちろんコロコロしますが、

カーペットなどの布物は結構毛が絡み付いていて

コロコロだけではすっきりしないことがあります。

そんなときに登場するのがラバーのペットブラッシングブラシです。

ラバーブラシ

ゴム素材のブラシは毛埃をカーペットや布から剥がして浮かせてくれます。

浮いた毛を集めて、仕上げはコロコロで。これでかなりすっきりしますきき矢印上

ゴム手袋でカーペットを撫でても埃は取れるのですが、

毛足の長めのカーペットなどはブラシ状のものの方が使いやすいです。

 

 

 

日常生活の中では、

なかなかお掃除に時間をかける余裕もなかったりするものですが

できるだけ楽にすっきりできれば気持ちいいですよねラッキー♪矢印上

そうじ

 


うちのこチャーム

久しぶりにお客様の「うちのこチャーム」を作った。

レイアウトや、中に入れるストーンやラメなどのパーツ選びは

いつも迷う。

いろいろ盛り盛りに入れるのも楽しいし、

すっきりシンプルにするのも写真が映えていいと思う。

この子のイメージだったらこんな色味がいいかな、

お客様はどんな雰囲気がお好きかしら...

 

今回はこんな感じ。

結構盛り盛りききらきらききらきら

 

ラッピングもして、完成手

気に入っていただけたら嬉しいハート矢印上


5月ネイル

連休前に、左の人差し指の爪が折れてしまいました泣き

もともと爪が弱いのに、ネイルで長めにしていたので・・・

ネイルはハードなので補強になってはいるのですが、

なんせ日々の扱いが雑なのでたらーっ

 

連休が終わってひと段落して、やっとネイルし直しに行きました。

今回は折れたりしないように、短めにしてもらいました。

短くても子供っぽくならないように

紫とグレーの縦グラデーションにラメなどを入れて

デザインしてくれるネイリストさんのセンスは相変わらず素敵ですラブ

長くしなくても、十分綺麗ラッキー矢印上き


GWは筋肉痛

GWシッティング

ゴールデンウィークが終わりましたねウィンク

お休みを取られた方々、楽しく過ごされましたでしょうか。

 

お留守番のわんこやにゃんこさんたちも、

少しでも楽しい時間を過ごしてもらえるように、

精一杯がんばらせていただきましたラッキー

ありがとうございました🙏😃

 

え〜・・お散歩をたくさんした後は、足腰筋肉痛になることはありますが

今回、なぜか腕がだるくなり・・・抱っこをいっぱいしたとか、

重いものを持ったとか

そういうことはなかったので、原因が思い当たらず、

よくよく思い返してみると・・・

 

多分、アレです。

猫じゃらしの振りすぎたらーったらーったらーっ

遊ぶのが大好きな子は、シッティングに入っている間中、

ひたすら「遊ぼう!」と誘ってくれます。

ご飯やおやつにさえ見向きもせずに。

人が大好きで遊ぶのが大好きな子がお留守番するのは

さぞかし退屈で寂しいかろうと思うので

そんな子とは、とにかくシッティングの間だけでも楽しんでもらおうと、

一生懸命遊ばせていただいているので・・・・

その結果の筋肉痛イヒヒあせあせ

 

猫じゃらししても負けない筋肉を作るための筋トレでもしようかな😆💪✨


猫に気をつけたい室内での植物管理

以前、うちに猫がいた頃は、室内に植物を置くことができませんでした。

草や葉っぱを食べてしまう子だったので。

食べても害のない猫用の草には全然見向きもしないのに、

鉢植えや花瓶に飾った花の葉、箒の穂先まで食べてしまう子でした。

せっかくの植物が無残な姿になるのも悲しいのですが、

猫にとって有害である植物も多いので、室内に植物を置くことは諦めました。

 

普段植物を食べることのない子でも、

うっかり食べてしまって中毒症状を引き起こしたりすることのないように

できれば猫さんの届くところに植物を置かないのがよいかとは思いますが、

室内で、犬と違って高いところにも上がれる猫の手の届かないところ、というのはなかなか難しいので

ある程度、食べると危険な植物を知っていると良いかと思います。

食べてしまったがために、後悔するようなことのないように…

 

ネットや本に情報がたくさんあります。

日本獣医学会 獣医Q&A にも掲載されていますが、

ユリ科、キク科など、またキンポウゲ科やサトイモ科なども毒性のある植物になります。

 

室内で育てる観葉植物として、アイビーポトススパティフィラムクワズイモなどはポピュラーなものですが、サトイモ科になります。

また、切花を飾る際には、その花の種類に気をつけてください。

毒性の強い植物としてぜひ覚えておいてほしいのはユリ科の植物です。

テッポウユリやスカシユリ、アマリリスやカサブランカ、またスズランやチューリップなどの花束やアレンジメントに使われるユリ科の植物は花や葉だけでなく、球根や花粉、その花を生けている水にも毒性があるようです。

ユリの花は開花すると雄しべから多くの花粉が散ります。この花のそばを通った猫が身体についた花粉を舐めてしまったのが原因で死亡する例もあるようです。

ちなみに、ユリの花は地植えでも開花したら花粉が飛ぶ前に雄しべを取ってしまうと、受粉しないので花が長く綺麗に咲いてくれます。ユリの花粉は服などに付くと落ちにくいものですし、私は雄しべは速攻でとりますウィンク

 

話を戻して・・・

ユリ科の植物を活けた水を飲むのも危険なので、飲める状態にしないように気をつけたほうが良さそうです。

玉ねぎはいけないというのは犬も猫もよく言われますが、玉ねぎもユリ科です。

とにかくユリ、要注意です。

 

また、切花ではデルフィニウムトルコキキョウなども猫さんが齧りたそうな風情の植物ですが、これも中毒の原因となりうる植物です。

食べたらいけないといわれている植物は非常にたくさんあるので、

やはり、植物は猫の手の届くところには置かないのが安心なのかもしれません。

人もペットも気をつけたい園芸有毒植物


ペットのことを知ろう

先日、怪我をしたデグーのジロ。

犬や猫なら状況を見て、どう対処するか、

この程度なら病院に連れて行かないで様子を見て大丈夫そうとか、

舐めるようならエリザベスカラーをつけるとか、

ある程度の判断はできるのですが、

デグーについてはどうしたらいいかわからず、

動物病院に相談させていただきました。

 

デグーと暮らすのは初めてなので、

迎えるときに必要なものを揃えたり、必要な環境を整えたりするために

デグーという生き物について知識を入れましたが、

それでもやはりまだまだ知識や理解が足りていないこともあります。

 

生き物と暮らすためには、その子のことを知ることが必要で

良い関係性を作るためにも大切だと思います。

 

 

ペットとして飼われる動物たちは、習性や寿命、生活環境や必要な世話が大きく異なります。一般的なペットである犬や猫でも、その本能や習性を知らないで飼っている人は少なくありません。本などで調べたり、ペットショップで聞いてみるなどして、信頼できる情報を集めましょう。

同じ種類や品種のペットを飼っている人に話を聞いたり、実際に世話をさせてもらうこともよい気づきがあるかと思います。

また、生き物ですから当然個々の性格の違いもあります。購入したりもらってくる前のオーナーに、その個体の個性について聞いてみたり、親や兄弟を見せてもらうことも、その子のことを知る手がかりとなるかと思います。

広告や書籍の中には、「飼いやすい」「おとなしい」「利口」などいいことばかり書いてあるものがありますが、どんなペットにも長所と短所はありますし、飼う方のライフスタイルによって長所が短所になったりその逆もあります。その習性やその本能、生態、必要な施設・設備などをきちんと調べ、知ることで、ペットとよりよく暮らすことができるようになると思うのです。

 

また、怪我や病気のときに診てもらうかかりつけの病院を決めておくことや、引越しや入院などでお世話ができなくなったり飼い続けることができなくなった場合に譲り受けてくれる人やお世話をしてくれる人など見当をつけて置くといざというときに安心かと思います。

 

参考文献:環境省自然環境局総務課動物愛護管理室 発行「飼う前に考えて!」

 

 

人とうまく暮らすために必要なしつけなどもできれば早いうちに教えてあげれば覚えも比較的スムースですが、しつけ方もその動物の特性を知らなければ上手に覚えてもらうことは難しいので、なにしろ、その子がどういう子なのかをわかってあげることが一番かと思います。

 

わかってくれる飼い主さんと一緒にいる動物も、きっと幸せだと思うのです。

せっかく縁あって一緒に暮らすのだから、楽しい時間、幸せな時間をいっぱい過ごしたいですよねニコッハート

犬と仲良し


| 1/3PAGES | >>